ブログ

この夏の海事情

7月に入り、梅雨も折り返しに差し掛かりました。通常なら鎌倉の海岸線は、海の家が完成して海開きで夏突入と言った時期ですが、今年はコロナウィルスの影響で湘南ビーチ全域で海水浴禁止となりました。

海水浴場の開設中断するのは太平洋戦争(1879-1884年)以来だそうで、コロナウィルスの世界全体では感染者数1070万人、回復者数546万人、死者数51.6万人(2020年7月2日現在)と第三次世界大戦と言っても過言ではない状態です。

人類助け合いで乗り越えていきたいものです。

湘南の海事情へ。

 鎌倉が地元患者様の話題に出ているのが、この夏の海水浴の危険性でした。これにはいくつかあり、本来ならライフセービングのスタッフが海水浴時間内は、監視して事故を未然に防いでくれます。それで沢山の命が救われていることでしょう。

「今年はどうなるのだろう?」

一般社団法人日本サーフィン連盟

公益社団法人日本ライフセービング協会

から共同メッセージと、海の安全海岸利用方法を打ち出したそうです。

海岸で安全に楽しむために!みんなで海を守ろう!

今夏は、海水浴場開設なしの地域も多くあり、新しい生活様式に合わせた、新しい海岸利用が求められています。より安全な海岸利用のために、サーフィン愛好者の皆さんにも、ぜひ水辺の事故防止に向け、ご理解とご協力をお願いいたします。

同じ海を愛するものとして、日本サーフィン連盟と日本ライフセービング協会とで協議を行い、「海岸で安全に楽しむために」、「みんなで海を守ろう」という同じ見解のもと、共同メッセージを作成いたしました。

サーファーとライフセーバーが共に海を見守り、海を愛する私たちが率先して事故防止に努めていく。これが私たち共通の願いです。

2020年7月1日
一般社団法人 日本サーフィン連盟
公益財団法人 日本ライフセービング協会    (記事抜粋)

今はかじり程度になりますが、サーフィンはしています。いつもより少しだけ視野を拡げて海に行こうと思います。

海岸のゴミ拾いは、コロナ感染のリスクが伴います。海岸に持ち込んだ物は、持ち帰る。当たり前のことを行っていきましょう!

由比ヶ浜ビーチ
2020-07-02 | Posted in ブログComments Closed 

 

コロナウィルス対策の取り組み

世界中で猛威を振っているコロナウィルス。一向に収束へは向かわず慎重な行動が必要かと思います。

当院では、コロナウィルス対策として以下のことを実施しております。

・室内に加湿器を設置

・クリベリン置き型

・ウィルス・菌除去 抗菌化スプレー(持続型)

・ウィルス・菌除去剤スプレータイプ

・アルコールタオル

施術者自身もマスク・眼鏡・ウィルスシャットアウト(首掛けタイプ)で施術しております。スポーツジムも休会して、ランニング&自宅トレーニングに切り替えております。

来院下さる患者様、訪問在宅マッサージの患者様に安心がありますように。

これからもよろしくお願い申し上げます。

2020-03-06 | Posted in お知らせ, ブログ, 治療や施術, 訪問治療Comments Closed 

 

深川不動尊へ

深川のお不動様。千葉県成田山【新勝寺】にある東京別院として開創され、ご本尊は弘法大師自ら開眼されたと言われています。

思ったより近代的な建物でした。

江戸時代の中期。生活にゆとりのできた商人が盛んに成田詣をするようになった一方、歌舞伎の市川團十郎丈が成田人気に拍車をかけます。子供に恵まれなかった初代團十郎が成田山の不動明王に祈願し、二代目團十郎を授かって以来、市川家は代々篤く成田山を信仰し、屋号を「成田屋」と称するほどで、「成田不動尊利生記」など成田山のご利益を物語った芝居を上演して大当りをとったといいます。 (深川不動尊ホームページより抜粋)

成田山新勝寺の節分には市川海老蔵さんが豆まきするのは、このような歴史が有るからなのですね。

真言宗のお寺で、成田山新勝寺は厄除け方位除けのコマーシャルの印象が強いです。深川のお不動様も同様の御利益があるのでしょう。また護摩祈祷の迫力が凄く、厄を飛ばしてくれる感覚があり体験する価値はありです。

最近では、スピリチュアル関係の方にも人気が高く、スピリチュアルリストの江原啓之さんも関係しているそうです。

節分の前日に訪れましたが、近隣の子供たちが節分行事を行っていました。豆まきでのかけ声は「鬼は外」「福は内」ですが

「鬼は外」は室内から外に向けて豆をまく

「福は内」は室内から外に体を向けて、豆を室内後方へ豆をまく

これが正式な豆まきだそうです。

お不動様のおみくじ。今年の運勢は!?

2020年初おみくじ

なんと88番(八十八)の末広がり!笑

見事に大吉。幸先よい年明けです。

護摩祈祷はホラ貝や和太鼓、お経で大迫力でした。周辺には仲見世、富岡八幡宮がありぶら散歩にも最適です。

大相撲とゆかりの石碑 横綱力士碑で知られる神社です。また、富岡八幡宮の祭礼祭は江戸三大祭りのひとつでもあります。

富岡骨董市は平成6年より定期的に行われているそうです。知らずに行きましたが、魅力的な品物が沢山有りました。

たまの東京観光も良いものです。コロナウィルスで出歩くことも控えなくては行けませんが、人がいない自然の場所には行きたいなと考えております。

話は現在進行形になりますが、コロナウィルス対策はセルフケアと免疫力を高めるようにして下さい。

・規則正しい睡眠

・バランスが良い食事  (私は毎日マヌかハニーを1さじ)

・マスク

・めがね

・手洗い

・うがい

・洗顔

・帰宅後はお風呂orシャワー

良い休日をお過ごし下さい。

2020-02-22 | Posted in ブログComments Closed 

 

三浦安間 写真展~NO WAVE~

当院の待合室にも飾ってありますが、海の写真やサーファーの写真など数々の作品が彼の感性をのせて1枚の作品となっております。

材木座海岸入口。バニーの隣りです。と言えば地元の人ならたどり着ける会場。

写真の他にポストカードや小物もありました。

休日の朝に訪れましたが、朝から沢山の来場者で会場は賑わっておりました。

コーヒー界で有名な方に注いでもらえました。

また会場でコーヒーの試飲販売も行ってました。3種類ある中の1つを試飲しましたが、コクはあるけど苦味はない印象で美味しかったです!(もちろん購入。このブログは飲みながら書いています。)

話が膨らむ作品です。

是非、足を運び写真と彼の人柄に触れて下さい。

友人であり、患者様でもあります。

三浦安間◆みうらやすま

1978年8月17日生まれ。海と山に囲まれた鎌倉で育つ。波乗りをしながら世界を旅し、海とサーファーを撮り始める。海での撮影をライフワークとし、ファッション、ポートレイトをメインに雑誌、広告、ジャケット撮影など様々な分野で活動中。

期間:2019年12月15日(日)~12月22日(日)

時間:10:00~17:00

会場:seascape gallery Kamakura 鎌倉市材木座6-5-4

2019-12-17 | Posted in お知らせ, ブログComments Closed 

 

鴨南ばん発祥の店

先日、弟から「鴨南蛮発祥の店が湘南台にあるよ」と聞いたので、気になり訪れることに。そもそも鴨南蛮発祥地?というのがと初耳だったのと、湘南台の土地柄と鴨との連想がわかないことも興味が湧いたひとつです。

湘南台駅周辺は、現在は小田急線、横浜市営地下鉄ブルーライン、相鉄線の3路線が乗り入れる人気エリアになっておりますが、私が幼少期80年代から90年代は小田急線だけで、周辺は農家が多く畑と自然が多い土地柄だったことを記憶しています。

当時、母の地元が六会亀井野にある雲昌寺周辺にあり、祖父母の家もあったこと。一時期、両親は雲昌寺近くの土地を借りて家庭菜園をしていたこともあり、畑仕事や雲昌寺のお墓前の芝生でサッカーしたりゴルフをたり、少し歩くと境川があり子供たちが川遊びをしていたり、思い出がある場所です。また湘南台駅周辺にピーポーというおもちゃ屋さんがあり、そこに行くことが楽しみでしょうがなかったもの懐かしい記憶にあります。(笑)

元祖 鴨南ばん 本店
元祖 鴨南ばん 本店

そもそもこのお店は、江戸時代(1810年頃)東京都内日本橋の馬喰町 鞍掛橋のたもとで始まったそうです。馬喰町は、徳川家康江戸入城のころ、府中の馬市をこの町で行うようにし、馬の売買・仲介で栄えた町だそうです。 初め博労町でしたが馬喰町に改められて現在に至るそうです。

江戸城周辺(現皇居周辺)古地図 右下のピンク色がお店があった場所

その後、今の浅草橋たもとに関東郡代の屋敷が置かれると、地方からの公事師(訴訟代理人)のための旅籠屋が増えてきました。
各地から訪れる仕入れ、売り込みの商人たちの出入りも盛んで、大小の旅籠が集中し、江戸一番の旅館街として活況を呈したといいます。
旅館のほか、江戸土産を求める人のために小間物、化粧品、煙草、袋物などの店も多くなり、やがて馬喰町問屋街として開けたそうです。

青山・麻布周辺 江戸時代は徳川家の松平さんが目立ちます。

話はそれましたが

「鴨南ばん」の歩みは江戸時代文化年間(1810年頃)、日本橋馬喰町の鞍掛橋のたもとで始まります。
初代「笹屋治兵衛」は長崎の「南蛮煮」をもとに「鴨南ばん」を考案したところ、たちまち江戸中の評判となり「鴨南ばん」は店の愛称としても親しまれるようになりました。
しかし、治兵衛は後継者に恵まれず「伊勢屋藤七」を2代目として迎えます。山崎叡山が1885年(安政2年)正月80歳で著した「蕎麦道中記」隻六蕎麦案戯書で江戸の名店11選として多くの文献や番付表に紹介されています。藤七は鴨が渡って来ない夏の時期は穴子を使った料理なども出していました。
明治の中頃から藤七の子の「川辺藤吉」が店名を「元祖鴨南ばん」として3代目になりましたが、東京の大半を焼く関東大震災(大正12年)の大火事で店も消失してしまいます。
翌年、弟子の「杉山喜代太郎」が4代目となり当時働いていた職人を集め、区画整理のため店を少し浅草橋寄りに移して再興させました。その後、喜代太郎は震災で全焼した日本橋区の復興を目指して区議会議員になり、その活動が多忙になったため、両国長寿庵で修行をしていた「桑原光二」が5代目を引き継ぎました。この時に妻の「トイ」が「鴨せいろ」を考案し、各地に支店もできたため店名に本家をつけ、現在と同じ「元祖 鴨南ばん 本家」としました。光二の後は長男の「敏雄」が6代目となり歴史を伝えていましたが、街並みの変化により湘南台に本家を移転させ光二の三男の「芳晴」が7代目として引き継ぎました。
当店は8代目で200年あまりの伝統の味を守り続けております。

(お店ホームページより抜粋)

初代 治兵衛の鴨南ばんを食べました。

令和から時をさかのぼり江戸の江戸の味を堪能できます。

お蕎麦も美味しく鴨汁と絡めると、奥深い味わいに

シンプルではありますが、上質な鴨肉とネギとの味わいがたまりません。

拘ればきりがないですが、身近に本物があることは幸せですね。食通ではありませんが懐が悲鳴をあげぬ程度に拘ってみます(笑)

2019-11-28 | Posted in ブログComments Closed 

 

伊勢神宮へ おまけ編

お伊勢参りにの他にも目的がありました。そのひとつが内宮の横にあるおかげ横丁。

お伊勢参り(お蔭参り)が江戸時代末期から明治時代初期の鳥居前町を再現した町並みだそうです。前回、訪れることが出来なかったので念願の赤福ということになりました。(笑)

江戸時代では年間200-400万人もの参宮客が訪れていたそうです。令和の現在では、交通網は電車や車、高速バスなどで参拝もしやすくなりましたが、当時は歩くことがメイン。それを考えると驚異的な参拝者数だと驚きです。

伊勢神宮のお土産と言えば赤福。私も大好きです。

京都の町家を思わせる佇まいです。
江戸時代の町並みと自然。当時から変わらないような気がします。
五十鈴川があるのが伊勢神宮の雰囲気にマッチします。
車がなければここはどこ?と思ってしまう??(笑)
江戸と昭和のコラボレーション
ものすごいレトロな存在感です。

また、もうひとつ目的がありました。伊勢神宮は三重県にあります。私はサッカー少年だったので、三重県と言えばレフティーモンスター小倉選手が活躍した四日市中央工業を思い浮かびますが、モータースポーツでは鈴鹿サーキット。星野選手、中島選手のF1両巨頭が浮かびます。そして、食と言えば松阪市の松阪牛を思い浮かんでしまうのです

松阪牛の1頭買いの一升びんさん
普段は食べられないA5ランクのお肉です。
希少部位のザブトン

今回は自然ありここの豊かさあり、また伊勢の夜をラングしたり、美味しいご飯を頂けたりと五感全てに刺激を受けた良い旅となりました(笑)

2019-11-22 | Posted in ブログComments Closed 

 

伊勢神宮へ パート2

今回の宿泊先は、伊勢神宮の内宮にほど近い神宮会館です。内宮まで徒歩3分という好立地条件なこと。それとサービスで伊勢神宮内宮解説付きで早朝参拝があることに惹かれてました。

そもそも伊勢神宮とは?天照大御神をお祀りする内宮(皇大神宮)と衣食住や産業の守り神である豊受大御神をお祀りする外宮(豊受大神宮)から始まり、125の宮社含めて神宮というそうです。

令和天皇のご先祖様にあたるそうです。即位礼正殿の儀の際に皇居に虹が架かった時に天照大神が降臨したという人もいましたね。これは神話のような出来事です。

伊勢神宮の面積は、東京の世田谷区くらいの面積だそうです。ひとつの町が神宮の敷地だそうで、職員は約600人ほど(神職は100人ほど)だと伺いました。

職員さんは、神宮敷地内で農作業をされる方、宮大工、家具大工など様々な職種の方が神宮の職員ということです。

早朝参拝6時30分からで気持ちいい朝焼けでした。
五十鈴川。屋根がついている杭で木々を遮り、水害を防ぐそうです。
数日前の大雨で立ち入り禁止になっていました。
忌火屋殿 。食を作る時に原始的に火をおこす場所
天照大御神が祀られている社殿。ここから先は撮影禁止

ここに天照大御神が祀られています。天皇陛下が参拝するときは、社殿にある布が風になびいて奥が見えると言われています。前回の時はなびいてくれましたが、今回は無風でした。(笑)

内宮を歩くだけでも楽しめます。
石垣の苔も自然のアートへ
樹齢何年かわかりませんが、ものすごい存在感でした。
天皇陛下がご宿泊する建物は内宮の敷地内にあり、この橋を渡れるようにお車の車高を調整しているそうです。
内宮では自分の願いを願うのではなく、人類の平和や幸せを願う場所だそうです。
「令和」祈りのご記帳所

内宮から出てきたら、このようなご記帳所がありました。ご記帳は宮内庁で保存されるそうです。

私は、時間がなかったの内宮だけの参拝でしたが、お伊勢参りの順序としては外宮~内宮が好ましいようです。他にも土地の神様(地鎮祭)で有名な猿田彦神社もあるそうなので2日間あるとよいかもしれません。

2019-11-15 | Posted in ブログComments Closed 

 

伊勢神宮へ パート1

11月22日(火)。令和天皇の即位礼正殿の儀が執り行われる日で祝日です。カレンダーは毎日見ているのですが、2019年カレンダーは2018年中に作成販売するので、祝日明記がありませんでした。無知で世間知らずの私は、9月末まで祝日だと知らなったのです(笑)

夏休みを取り忘れていたいたこともあり、10月22日、23日と連休で旅行へ行くことにしました。当初は、栃木・福島方面を考えていたのですが、台風や大雨の被害から旅先は限定されてきます。即位礼正殿の儀で首都高速は全面通行止めにより北関東~東北方面は断念。北陸方面は、北陸新幹線の被害があった為に断念。長野・山梨方面は、中央道の八王子~大月方面が台風と大雨被害による通行止めにより断念。

この現状に導かれるように西へ舵を取りました。そこが通称:お伊勢さんで知られる伊勢神宮です。実は、お伊勢さんも通称で正式名称は「神宮」の2文字だそうで。伊勢神宮は伊勢にある神宮とこれも通称だとか(笑)

距離でいうと約440km。東名~新東名~伊勢湾道を通るルートなのでのんびり行く予定でした。

浜松あたりで充電中

道路事情のアクシデントに見舞われ、14時着の予定が16時半着に。道中、二見にある夫婦岩がパワースポットだと話題になり、うまくたどり着けば夕焼けと夫婦岩の写真を見せてもらい、このコラボが拝める!と盛り上がりました。

中日新聞(伊勢志摩版)

二見に近づき「何か変だぞ?」と感じるように。夫婦岩がある二見輿玉神社へ17時の3分前に到着。違和感が確信と変わりまりました。あの写真は夕焼けでなく日ノ出だったのです。落ちが付いた幸先ですが、笑える落ちなので吉方だったのかもしれません(笑)

これが現実ですが、良い空気と空間でした。

ニュースでも取り上げられた玉突き事故による迂回で5時間半の予定が7時間半かかるというアクシデントに見舞われましたが、飼っている白文鳥の生まれ故郷弥富市にも行けたので結果オーライ。

旅は出来事を楽しまないとですね!

弥富市生まれのキョロちゃん1歳
2019-11-05 | Posted in ブログComments Closed 

 

におい展~においの世界へようこそ~

先日の休み。においに興味ない?という興味をそそる一言で横浜みなとみらいにあるマークイズへ行ってきました。

人間において、嗅覚とは鼻腔の奥にある嗅細胞により電気信号に変換して、脳でそれを認識する。いわゆる五感の1つになる。

におい展のロゴ
9.14~12.8まで開催

生きる者にとって重要な五感。人間は、食べる物に関して嗅覚がとても重要な役割をなっています。口の上に鼻があるのは、食べ物が腐敗していないか?つまり目の前の食べ物が安全かどうかを確認する大切な器官なのです。

また好きな人は匂いで分かるとも言われています。嗅覚から匂いを脳神経に伝達して、脳が匂いを記憶したり、脳に送られた匂いにDNA単位で反応して感情に反映する。

と話がそれましたが、ここでは良い匂い、臭い匂い、意外な匂いなど様々な匂いが楽しめました。

蒸留器
お酒やアロマなどではよく聞く蒸留器


体臭測定器
加齢に伴うにおいの測定。会場の人口密度が濃かったのでスタートから300でした。
獣臭がするかな?と思いましたが意外や意外
獣臭がするかな?思いましたが意外や意外。
文字からして嗅ぐ気になれません(笑)
とれも敏感に反応した加齢臭。家内曰く「加齢臭の臭いじゃないかな」と…
においは時空も越えるのか!
織田信長・豊臣秀吉・徳川家康・北条時政。おそらく塗香の類かと。
これは悶絶でした(笑)

何を好きこんで臭いにおいを嗅ぎにお金を払わなくてはならないのか。と否定的でしたが、行ってみると楽しめます。

女性の来場者が多く、良い匂いを楽しむというより臭いにおいに悶絶することを楽しんでいたようです。人が悶絶する姿は面白いですね(笑)

においフェチ万歳のにおい展、お近くの方はお薦めです。

2019-10-15 | Posted in ブログComments Closed 

 

令和元年の夏が終わる。

現在9月2日。鎌倉の海の家は8月31日で終わりを迎え、鎌倉の夏が終わりました。

今年は梅雨が長かったので夏が短く感じましたが、連日の猛暑が続き強烈な夏。

と言っても良いと思います。

  最高気温/平均気温/最低気温   猛暑日/真夏日/夏日/熱帯夜(George’s Web Sitesより抜粋)

2014年
7月 34.8 29.8 22.6    0 18 10 5
8月 34.3 30.3 21.8   0 20 8 16
9月 30.4 26.4 21.5

2015年
7月 35.0 29.5 20.4    1 17 7 14
8月 35.6 30.0 21.1    1 18 6 20
9月 30.3 26.0 18.9    0 1 20 0

2016年
7月 34.5 29.1 22.6   0 13 15 4
8月 37.4 31.0 24.3    1 22 7 12
9月 32.1 27.4 20.4   0 10 11 7

2017年
7月 33.3 31.0 26.5   0 25 6 11
8月 35.0 30.2 23.1   1 16 11 12
9月 31.6 26.4 19.6   0 2 19 0

2018年
7月 36.9 31.9 25.8    2 22 7 20
8月 35.8 31.9 25.1    4 18 9 23
9月 31.5 26.2 17.7    0 7 12 4

2019年
7月 33.7 27.2 20.9   0 10 10 7
8月 34.9 32.3 27.7    0 27 4 22
9月 31.8 31.8 31.8    0 1 0 1

過去5年間の気温を表で見てみると、今年の7月は梅雨が長いせいか過去の平均気温より2度以上低いのがわかります。

2019年8月は最高気温35℃は達しませんでしたが、平均気温は過去最高の32.3℃で猛暑日は無いにしても、真夏日は過去最高の27日。熱帯夜は過去2番目の22日になります。

これを見ると2018年は7月から8月にかけて強烈な暑さに見舞われましたが、2019年は7月から8月に気温差の著しさとと高温状態が継続していることがわかります。8月の真夏日はほぼ1カ月と体力の消耗は否めません。

また夏場は高温状態と熱帯夜の継続から自律神経が乱れますので、体調不良の方が急増しました。

自律神経の乱れと夏バテは密接な関係があります。

睡眠時間の確保、朝から体調チェック、生活に自然の安らぎを取り入れる、無理しない運動と仕事を心掛けて下さい。

2019-09-03 | Posted in ブログComments Closed